自動車保険の種類

運転免許を取得したら自動車を購入することになるでしょう。自分が自動車を所有するようになったら自動車保険に加入しなければなりません。自動車保険には種類があるので、事前に確認しておきましょう。
保険の種類を大きく分けると、自賠責保険と任意保険の二種類になります。自賠責保険は任意の保険と違って強制的に加入する保険です。自賠責保険の場合は補償の範囲に制限があり、交通事故を起こして他人にケガをさせたり死亡させてしまったときに保険金が支払われます。ただ保険金にも限度額があり死亡では3000万円、ケガでは120万円までという決まりがあります。後遺障害では程度に応じた金額が支払われます。特徴的なことは人身事故だけが補償されるという点です。物に損害を与えた場合は自賠責保険で補償することができません。
自賠責保険の上限を超える損害を負わせてしまったときは任意保険から補償されるので、任意保険の方にも加入しておく必要があります。任意保険は加入者自身が選べる保険となっており、保険会社ごとに保険料やサービス内容に違いがあることが特徴的です。任意の自動車保険は補償が充実しており、対人賠償以外に対物賠償や自損事故、搭乗者傷害などの補償が付けられます。

自動車保険の選び方

自動車を購入するときは自動車保険に加入しなければなりません。自賠責保険は強制的に加入する保険のため個人的に探さなくても販売店の方で手続きしてくれますが、一般的な自動車保険は自分で探して加入手続きを行う必要があります。
自動車保険は代理店型と通販型を合わせるとかなりの商品数になるため、どのような選び方をすればいいのか分からないという方も少なくないでしょう。自動車保険を選ぶ際は、いくつかの項目を比較してから決めることが大切です。
まずは支払う保険料を比較してみましょう。補償内容に大きな違いがなくても支払う保険料に差が出ることが多いので、少しでも保険料が安い保険を選ぶなら徹底的に比較することをおすすめします。一社ずつ見積を依頼することも可能ですが、一括見積を利用すれば複数の保険会社に対して一度で見積依頼ができるので非常に便利です。見積額はメールなどで送られてくるので、金額を比較すればいくつかの保険会社に絞ることができるでしょう。
保険料を比較したら補償内容やオプションの種類、サービスなどをチェックします。保険料が安くなった分、補償が低くなるといざというときに十分な補償が受けられないので注意が必要です。

自動車保険の仕組み

自動車保険には2種類あります。それは、自賠責保険と任意保険です。
自賠責保険は法律で加入が義務づけられているため、強制保険として知られている保険です。国が自賠責保険制度を制定し、全ての車に契約の義務があるとした背景には、交通事故の被害者の最低限の救済という目的があります。そのため自賠責保険の補償の内容は人身損害賠償補償のみで、補償額には被害者ひとりあたりとして限度も決められています。
ここで、交通事故の内容によっては自賠責保険だけでは保証が不足するケースも多く、そのために契約するのが任意の自動車保険です。任意の自動車保険では自賠責保険で足りない人身損害を補償する他、対物損害や自分の車が被った損害、自分や自分の車に同乗していた人の人身傷害なども補償されます。
国で制定している自賠責保険は損保会社各社で取り扱っていますが、自賠責保険の保険料や内容がどこの損保会社で契約しても同じであるのに対し、任意の自動車保険は各保険会社が独自に制度を作っていますので保険料や補償の内容は契約先の保険会社によってさまざまです。自動車保険の仕組みとしては、公道を走る全ての車に契約の義務がある自賠責保険では足りない補償を補う形で任意の自動車保険を上乗せで契約します。

自動車保険の往診

自動車保険にはどのような基準で加入されているでしょうか。補償額の充実であったり、掛け金の割安感であったりと、その基準は人によってさまざまですが、一度加入したあとは更新の時にほとんど見直しを行わずそのまま次の年も同じ内容で加入しているというケースが多く見られます。対人が無制限、対物が1億円など、わかりやすい内容は保険各社ともさほど大差はないのですが、搭乗者傷害に関する件や車両保険の範囲、無保険車事故への対応や弁護士費用の補償などの詳細な部分、また事故対応の良し悪しに関しては意外と大きな違いがあるものです。
自動車保険は、見直しによって大きく掛け金の圧縮を実現できることはご存じですか。もしも、見直しをせずに更新する予定でしたら、ぜひ自動車保険の往診を受けてみてはいかがでしょうか。
保険に詳しいプロの目から見て、現在加入している保険が本当に必要なのか、あるいは足りない部分はないのか、その見極めを行ってくれます。またその保険会社のサービス内容や評判などについても第3者からの観点で的確にアドバイスをしてくれるでしょう。見直しや掛け替えによって、保険金額が減るという例も多数ありますので、相談する価値は高いといえます。
現在加入している自動車保険の内容が分かる調書と車検証があれば、短時間で見積もりが完了します。一度自動車保険の往診を依頼してみてはいかがでしょうか。

↑ PAGE TOP