「嬉しい!」と言われる退職祝いとは

「嬉しい!」と言われる退職祝いとは

ビル

長年の勤務で大きく会社に貢献し、退職することになった方には退職祝いを贈ることが定番化しています。

会社のために働いたことに対する敬意だけでなく後輩を育ててくれた事に対する感謝の気持ちも込めて退職する本人にプレゼントすることが大切で、どんなに高級な品であっても本人が嬉しいと喜んでくれなければそれは失敗ということになってしまうため注意が必要です。

嬉しいと言ってもらえる退職祝いは人によって異なるため、退職する本人について事前にリサーチしておくことが大切です。

喜んでもらえる退職祝いとして真っ先に挙げられるのが趣味の品です。

退職祝いを贈るのは転職するときではなく定年などで社会という一線から退くときであることがほとんどです。

そのため退職した後は時間に自由がきくようになり、趣味に没頭することが可能になります。そんなときに趣味の品をプレゼントとしてもらうことができれば非常に嬉しくなるのです。

しかし、プレゼントを贈る側にとっては品物の選び方が難しいことには留意しなければなりません。

前提として退職する方の趣味を知っていなければならず、さらに本人がまだ所有していないものを選ぶことができなければがっかりされてしまうからです。

調査

そこで、退職することが決まったら退職する本人に親しい人に対してリサーチを行い、趣味を把握しておきましょう。

もちろん直属の上司などもともと親交が深い場合はこういった手間を掛ける必要は無く、普段の会話のなかから趣味を知っておくことができているはずです。

趣味が分かったら品物の選定に入りますが、メジャーな品ではなくマイナーな品を選ぶことを心がけましょう。

メジャーな品は既に所有していることが多いためで、マイナーな品であれば欲しいと考えていても自分でお金を出してまで買うほどではないということがあるため嬉しいと言ってもらえるはずです。

また、退職する本人だけではなく本人を長年にわたって支え続けた妻を始めとする家族の方々にも喜んでもらえる退職祝いを贈ることも嬉しいと言ってもらえます。

ギフトカード

具体的には旅行券やギフトカードなどで、本人の分だけではなく妻や家族の分まで贈ることがポイントです。

退職する本人にとって嬉しいプレゼントであることは間違いありませんで、妻や家族の分まで含まれていることで本人がどれだけ部下から慕われていたのかということが伝わり自尊心を満たすと同時に妻や家族からの敬意を得ることもできるため大いに喜んでもらえます。

その旅行券やギフト券を使って旅行や食事に行けば、本人が長年にわたって会社で働いて家族を養ってきたことを全員が実感することができ、退職した本人に感謝の気持ちを伝えるはずです。

退職祝いは贈る側ではなく贈られる側のことを考えて選ぶことが大切です。

ただ高級なものを贈ればいいというわけではなく、本人が望むものをプレゼントして嬉しいと言ってもらえるものを選べるようにじっくりと考えましょう。

参考記事→生の声が参考になる!職場の上司が喜ぶ「定年退職祝い」の贈り方

返信する