ビール酵母の効果効能

ビール酵母の効果効能

ビール

ビール酵母には、大麦に含まれる栄養素がふんだんに染み込んでいます。

そのため健康や美容面で様々な効果をもたらし、ここ10年ほどの間で急速に注目を集めるようになりました。

まずその代表的なものとしては、便秘の改善が挙げられます。

ビール酵母には乳酸菌と食物繊維が含まれており、腸内バランスを整える役割を持っています。

腸内には善玉菌と悪玉菌、そして日和見菌が存在していますが、中でも善玉菌は数が少なくなりやすくお腹を壊す原因になったりもします。

そこでビール酵母を摂取することで善玉菌を元気にする作用が働き、下痢や軟便を予防することにも繋がるわけです。

食欲の増進も助けてくれますから、胃が弱りやすい夏場にも活躍します。

更にグルカンやマンナンといった食物繊維が、排便を促してくれます。

大麦

冒頭に大麦の名前を出しましたが、もともと大麦自体が食物繊維を大量に含むため納得の効果です。

しかもこれらは水溶性のため、他の体内の不要な物を絡め取りながら腸内を進んでいきます。

おかげでただ排便するのではなくデトックス効果も得られ、日頃から便秘に苦しんでいない人でも取り入れる価値があるのです。

水溶性食物繊維は、所謂腹持ちを良くする効果もあります。

よって過食を予防し、満腹感を長続きさせてくれます。ダイエットを考えている人も、積極的に摂取していくといいでしょう。

女性

続いては美肌効果にも注目です。

ビール酵母にはビタミンB群やミネラルが含まれ、肌のハリやツヤを生み出してくれます。

このビタミンB群は皮膚や粘膜の修復には必要不可欠なもので、アンチエイジングや肌荒れの改善に非常に役立ちます。

一方でミネラルは健康でキレイな髪の毛を作るのに必要で、美髪効果がある栄養素です。

髪の毛が傷みやすい人は、意識的に摂取しておいて損はありません。

疲労を回復させる効果も代表的です。

ビール酵母に含まれるタンパク質や必須アミノ酸は、人間の身体をリフレッシュするのに活躍します。

とくに必須アミノ酸は9種類も含むのですが、これらは人が自力で生成できないもので外部から補給をしなければなりません。

何もしないと慢性的な不足状態に陥ることを覚えておきましょう。

前述のビタミンB群も、血中や筋肉の疲労物質を排除してくれます。

砂時計

最後に挙げるのは、抗酸化作用です。

グルタチオンという抗酸化物質がビール酵母内には存在し、体内に溜まった活性酸素を除去します。

アンチエイジングについては先程も言及しましたが、よりそれに影響するのはこのグルタチオンの方です。

実年齢は若くとも、日頃から不摂生をしがちな人は体内老化が進みます。

少し身体に無茶をさせたなと思う日など、定期的に取り入れていくといいです。

加えて解毒作用も有することから、主に肝機能を改善する効果まであるのです。

アルコール類を好んでよく飲む人には、この効果は朗報です。

もちろんストレスや血圧からも肝機能は乱れることがありますから、元気な毎日を過ごすためには誰にでも関係のある話として覚えておきましょう。