喜寿祝いでのプレゼントの選び方

喜寿祝いでのプレゼントの選び方

プレゼント

喜寿祝いは、数えで77歳に達した時に長寿を祝うことです。

慣例としては数え歳で行うのですが、現在は満年齢を用いることが多く、実際に77歳になった段階でお祝いをすることが多いです。

近年では男性も女性も平均寿命が延びてきているので、喜寿祝を行うケースが増えています。

喜寿祝いは長寿をお祝いする気持ちを伝えるものなので、基本的には何をプレゼントしても構わないことになっています。

もちろん、常識で考えて縁起の悪いものやお祝いの品に相応しくないものは贈ってはいけませんが、そこまで過剰に気にする必要はないでしょう。

ただ、年配の人の中には慣例や縁起を非常に重視する人もいますし、家族以外の方へプレゼントする場合は注意が必要です。

喜寿祝を贈る相手によって喜ばれるプレゼントは異なるので、どんなものが良いか選び方をある程度抑えておきましょう。

焼酎

父親や祖父など近しい親族へプレゼントする場合は、名前や年月の入った焼酎ボトルなどが喜ばれます。

これくらいの年齢の男性はお酒好きの人が多いですし、市販品とは違った品物なら喜びもひとしおです。

湯呑やグラスなど形の残るものも人気で、色は青や黒など渋いものが好まれます。座布団や和服、食器など普段使いできるものも喜ばれるでしょう。

母親や祖母などへは、食器類や小物、アクセサリーなどが人気です。77歳とは言っても女性はいつまで経っても女性で、可愛いものやおしゃれなものが大好きです。

普段は自分で買わないようなハイブランドのものやキラキラしたジュエリーなど、いくつになっても女性らしさを忘れないようなプレゼントを贈ってみてはいかがでしょうか。

こういったものの他、信楽焼など伝統を感じさせるような品物も人気があります。

職人が一つ一つ手作りしたような大量生産品とは違うものをプレゼントすると、きっと喜んでもらえるはずです。

茶碗

両親が同時に喜寿を迎える場合は、二人で一緒に使えるペアアイテムがお勧めです。

最も良く選ばれているのは、やはり普段使いできる茶碗や湯呑、箸などの食器類です。

値段もリーズナブルなものから高級なものまで多種多様なので、予算に合わせて選ぶことができます。

それぞれの名前を彫刻して入れられるものや、オーダーメイドで一点ものを作ることもできるのでオリジナリティ溢れる贈り物にすることができるでしょう。

何を贈れば良いか悩む場合は、数々のアイテムの中から自由に本人が選ぶことのできるカタログギフトがお勧めです。

カタログギフトなら価格層も様々なので予算に応じてプレゼントできますし、本人が遠慮することもなく本当に欲しいものを選べるので人気もあります。

カタログギフトだけでは味気ないと感じる場合は、メッセージカードを付けたりサブのプレゼントを付けるなど工夫してみましょう。

大切なのは喜寿を迎える人のことを心から考えてプレゼントを選ぶということなので、それを忘れずにプレゼント選びをしてください。

お勧めの記事→喜寿のプレゼントはどんな基準で選べばよいか