モルソン・クアーズ ビール・発泡酒

モルソン・クアーズ ビール・発泡酒

コロラド州ゴールデン

クアーズはアメリカのビール醸造所であり、その醸造所が製造している商品のブランドでもあります。

アメリカのコロラド州にあるゴールデンという地域で1873年に創業しました。

カナダにあるモルソンという会社と2005年の2月に合併して、モルソン クアーズという会社になりました。

ドイツの北西部にあるドルトムントという地域で生まれたクアーズという名前のドイツ系の移民がクアーズの醸造所を設立したのです。

ロッキー山脈の雄大な自然の恵みである水で製造されるペールラガーは、バンケットで重宝されました。

1955年にはクアーズの生産量は100万バレル以上になり、アメリカで最初に1959年に完全なアルミ缶で販売されることになります。

3

アメリカの50の州に販売ネットワークを1992年に構築し、アメリカでシェア3位という地位を獲得することになるのです。

日本でクアーズは日本のビール会社がOEM生産をしていたのですが、1995年にはクアーズ・ジャパン株式会社が設立され直接販売できるようになりました。

モルソンとクアーズが合併してモルソン クアーズとなった時点では、世界でシェア5位という地位につくことになったのです。

経営幹部の事務所は、これまで通りのクアーズの本拠地であるアメリカのコロラド州にあるゴールデンとカナダのケベック州にあるモントリオールという地域です。

ただ実務上の事務所はアメリカのコロラド州にあるデンバーという地域とカナダのオンタリオ州にあるトロントという地域の2ヶ所となっています。

今現在のモルソン クアーズは非常にたくさんの従業員を抱え多くの国に事業を展開しているのです。

日本にあるクアーズ・ジャパンも、2009年の10月にはモルソン クアーズ・ジャパンに会社の名前を変更しています。

モルソン クアーズの主な商品といえばもちろんクアーズですが、ペール・ラガータイプとなっていて日本での販売は2009年に一旦終了していたのですが、2015年の10月に発泡酒規格のクアーズ1873として販売を復活させました。

ところが2017年の1月ぐらいにまた販売が終了している状態です。

ビール

そしてモルソン クアーズでは、アメリカで1978年に販売が開始されたクアーズ・ライトというライトビールも提供しています。

日本ではアメリカで発泡酒として製造された製品を輸入して販売していたのですが、2015年の9月に中国で生産されることになり生ビールの規格に変更されました。

アメリカではクアーズ・ライトは2015年にデザインが更新されましたが、日本でも2016年の9月ぐらいから新しいデザインに更新されています。

キリアンズ・アイリッシュ・レッドという商品も提供していてアイルランド風のラガータイプのビールを楽しむことができるのです。

ブルー・ムーンという商品もありこちらはベルギー風の白ビールとなっています。

キーストーンは値段が安く日本ではクアーズ・キーストーンという商品名で2000年代の初めに発泡酒として販売していました。