還暦のプレゼントに最適なシャンパン

還暦のプレゼントに最適なシャンパン

還暦

還暦祝いとは、満年齢で60歳(数え年で61)になったことを祝う元来、長寿を祝う行事でした。

かつては人生50年が平均寿命であった時代も通過してきた名残から、長寿が珍しいことでもなくなった今日においても、その意味合いはさほど異なることはありません。

むしろ今日では人生の節目として、60歳の年齢は独自の意義を持つになっています。

多くの事業所では60歳が定年とされており、それ以降は雇用延長を望むかどうかの選択が迫られるのです。

そのままリタイアする選択肢もあるでしょう、それは個人の経済的事情もありますが、人生に対する向き合い方の違いにも、この時期の人生の決断は左右される部分が大きいのです。

このように見てくると、還暦は本来の長寿を祝福するメッセージと共に、新たな第二の人生への門出を祝福する点にもその意義を見出すことが出来ます。

家族の方々はそのお祝いをお伝えするために、目に見える形でプレゼントを贈ることを計画されることでしょう。

ただプレゼントは闇雲に選べばいいものではなく、もらう人の意向や嗜好を十分考慮に入れたものであるべきなのはもちろんです。

さらに御祝いの趣旨で贈る以上は、特別な存在であることへのメッセージをダイレクトに感じさせることの出来るものであるのが望ましいのです。

そのものを見た瞬間に、家族からのお祝いや労いが言葉とは別の形で結晶化したものであるのが、理想的と言えるでしょう。

シャンパン

そこでお勧めしたいのが、還暦祝いにシャンパンを贈呈することです。

このお酒はフランスはパリの北東部に位置するシャンパーニュ地方に発祥があります。

シャンパーニュの中心地にあるランス大聖堂で開催される式典の際に祝宴にもしいられていましたが、その風習がやがて周辺の貴族などの上流階級に広まり、次第に世界中に広く伝播していったとされているのです。

ところで良く似たお酒に、スパークリングワインがありますが、その違いはどこにあるのでしょうか。

一番分かりやすいのは、もちろん値段の違いにあります。1000円くらいから手に入るスパークリングワインに比べるとシャンパンは安いものでも4000円位からになるわけです。

とはいっても両者は発泡ワインである点では共通しています。ここで大切なのはシャンパンと同定されるのは3点の際立った特徴にあるのです。

ぶどう

まず産地ですが、シャンパーニュ地方で製造されたものに加えて、特定の種類のブドウを原材料に採用していいるなどの条件を充たしたものだけが、シャンパンを名乗ることが許されます。

ブドウの種類はシャルドネ・ピノノワール・ピノムニエの3種類だけです。

製造工程にも厳密に定められており、「瓶内二次発酵」と言う独自の製造法で炭酸ガスを注入せず発酵期間も15ヶ月以上熟成させるなど昔ながらの製法を守り続けているのです。

シャンペンはこれだけの手間がかけられた希少性の高いお酒であるがゆえに、世界中で愛されています。

大切な家族の還暦に祝いにシャンペンを送ることで、これまでの長寿と、これからの新たな人生の門出への祝福のメッセージが、直裁に伝わることでしょう。

 

おすすめ記事→記事還暦祝いに贈る特別なお酒の選び方!おすすめのお酒や喜ばれるお酒を選ぶポイント