結婚式で受け付けをする時

結婚式で受け付けをする時

結婚式

多くの人が人生の中で複数回結婚式に列席した経験があると思いますが、何度列席しても幸せな気持ちになることが出来る最高にお目出度い場だと言えます。

そんな結婚式には新郎新婦を快く祝福するため列席者がわきまえるべき様々なマナーがありますが、それは受け付けを依頼された場合にも同じです。

受け付けを依頼されたということは新郎新婦と特に親しい関係性にある場合が多いものです。

しかし、親しいからといって何をしても良いという訳では無く、軽く考えてはいけません。

結婚式の前に列席者が一番最初に接するのが受け付け係ですので、両家を代表する立場であるということを忘れないようにしましょう。

そのため男性であれ女性であれ、まずは服装や髪形、メイクには気を使う必要があります。

男性の場合はスーツが一般的ですが、髪型や髭も清潔感を大切にして指先の爪も整えておくと安心です。

女性の場合は地味過ぎず華やかなドレスや着物で装い、髪型はきちんとまとめて指先にはネイルアートを施しておくのも良いでしょう。

アルバムの写真に残ることも多いので、身だしなみには他の列席者以上に気を付ける必要があります。

そして何より明るい笑顔での対応も忘れてはいけません。

結婚式場

結婚式当日は、指定された集合時間より早めに会場に到着しておくようにするのも必須です。

受け付け係は通常2人ですので、ペアを組む相手とどちらがご祝儀を受け取るのか。

どちらが記帳をお願いしたり席次表を渡したりするのか、なども確認しておく必要があります。

お車代を渡さなければいけない列席者もいるはずなので、列席者の事前のチェックも欠かすことは出来ません。

結婚式まで時間がある場合は控室で列席者達は飲み物を楽しむ場合も多いので、どこが控室になっているのか、飲み物の用意はあるかなども会場スタッフに尋ねておきましょう。

開始時刻になると続々と列席者がやってきますので、テキパキと対応するためにも双方の協力が必要です。

現金

そして忘れてはいけないのが、ご祝儀という現金を取り扱うということです。

しかも少ない額の現金を取り扱う訳ですので、細心の注意を払いましょう。

2人一緒に持ち場を離れたりすることの無いよう、必ずどちらかは持ち場に残るようにすることは言うまでもありません。

しかし、預かったご祝儀を最終的に渡す相手は必ず新郎新婦に指定された人だけにすることも重要です。

違う人に預けることでどんなトラブルが起きるか分かりませんので、責任を持って新郎新婦に指定されている人に手渡しをすることを最重要視しましょう。

このようなことに気を付けると受け付けもスムーズに進み、列席者からも好印象を持たれるはずです。

新郎新婦の一生に一度の晴れ舞台である結婚式をより良いものにするためにも、受け付け係は自分も両家の一員だという意識を持って対応することが求められます。

ただご祝儀を受け取って記帳をお願いしておけばいいというものではありません。

細やかな心配りやマナーが求められる大切な役目ですので、依頼を受けたのならば責任を持ってやり遂げましょう。